P8コート塗り始め   半分までが仕上がりました   黒々と仕上がりました




ご覧のように黒色素材を黒々と仕上げるのがP8コートです

色々な部分の黒色素材仕上げにお使い下さい ・・ スポンジで塗るだけの仕上げです


ブラシと竹串を上手く使って細部に到るまで存分に仕上げを満喫下さいね



 

■ 溝と平面のある部分

   スポンジとブラシを使って仕上げます。
   P8コートを適度な量で仕上げ部分に吹き付けるのでは無く垂らします。
   溝はP8コートをブラシで撫ぜて凹の中まで塗り広げます。
   次にスポンジで溝部分と平面を撫ぜればキレイに仕上がりますよ。
   タオルで空拭きして終了です。

   ブラシは歯ブラシでも使えます。

     
 

■ エアダクト

   この部分も汚れが溜まって汚れる箇所になります。
   この部分の仕上げにはP8コートを吹き付けます。
   理由は奥行きが深いのと直角に近い角が両脇にあるからですよ。
   P8コートを霧状に吹き付けるとスポンジと歯ブラシ仕上げが簡単になります。
   始めにスポンジでP8コートを塗り伸ばします。
   両脇の直角部分の隅は歯ブラシでP8コートを伸ばせば隙間無くキレイな色に
   仕上がります。

     
   ■ カーボン

   この素材も仕上げ方を間違えば色あせてしまいますね。
   特に洗剤洗いやシャンプーなどを使えば覿面ですね。
   P8コートでカーボン元来のクッキリとした色艶に仕上げて保持しましょう。
   スポーティらしく愛車のボディが引き締まりますよ。

   P8コートを素材に垂らします ・・ 少し多めの量がいいですよ。
   スポンジで塗り広げますから少ない量よりは多い量でカーボンに浸透させましょう。
   カーボン素材が白く劣化している場合は、一度の仕上げでは回復しないことが
   多々ありますから、仕上げの回数を何度か日を置いて重ねましょう。
     
 

■ リヤウィング

   写真はポルシェのターボウィングですが、この部分も黒光りが薄れて、よく
   白っぽくなっている事が多い箇所になります。

   この素材もカーボンと同じで、一度の仕上げでは色が整わない事が多いですよ。
   コンディションが良い場合は別ですが、白っぽく劣化している場合は、多めの
   量を塗って潤いを与えましょう。
   何度か様子を見ながら日にちを据え置いて仕上げて行きましょうね。 

     
 

■ ワイパー周囲

   エンジンルームを仕上げる時にP8コートを霧状に吹き付けますが、他の部分に
   掛からないようにワイパー、窓ガラス周囲は避けますね。
   という事は、ワイパー、窓ガラス周辺の黒色素材が仕上がっていない部分が
   あると言うことになります。
   その部分が写真で見える部分になります。
   凹凸がある形状です ・・ この部分の仕上げにはスポンジと歯ブラシを使います。
   狭い隙間やスポンジで仕上げができない部分を歯ブラシで補います。
   ワイパーと留め具の隙間なども歯ブラシと竹串を使えばキレイに仕上がりますよ。

     
 

■ エンジンルーム

   どんな形状であってもエンジンルーム内の黒色素材ならP8コートを使えば
   完全に黒光りした仕上がりになります。

   金属、黒色素材の保護膜を形成する艶出し効果としてお使いいただけます。
   一度仕上げるとアフターケアはタオルの空拭きで当分は保持できます。
   タオルの空拭きでキレイにならない場合は、P8コート仕上げを行います。
   でも一度P8コートで仕上げるとかなり長く維持できますよ。

     
 

■ ハードトップ

   ボディより早く劣化して白っぽくなる素材です。
   P8コートをスポンジで塗り伸ばすだけで見違えるほどの黒光りに仕上がりますよ。
   仕上げが簡単な素材です。
   このハードトップの仕上げなら15分あればできますよ。

   色合わせしながらスポンジでP8コートを塗り広げるのがコツです。
   先ずは30センチ角くらいの面積を仕上げましょう ・・ 見本になります。

     
 

■ 便利なブラシ仕上げ

   狭い隙間などはスポンジでP8コートを塗り込むことが不可能な部分になります。
   そのような溝や隙間などはブラシを使って仕上げます。
   始めにP8コートを仕上げる部分にスポンジで塗り広げます。
   仕上げ部分に付いているP8コートを使ってブラシで溝や狭い隙間に塗り込めば
   凹部分がキレイに仕上がりますよ。
   歯ブラシなどがお勧めです。 

     
 
     

 ■ ゴム

     P8コートで白くなったゴムも原色以上の色に復活して劣化、ひび割れ防止になります。
     一度仕上げれば、かなり長く保持効果を保つことができます。

 
 
  ■ バンパー

   P8コートで仕上げている部分と仕上げていない部分との違いがクッキリとしています。
   このバンパーも白く劣化しやすい素材です。

   細かな凹凸がある素材ですから、どうしても汚れが凹に詰まって汚れます。
   浅い凹凸の表面ならブラシを使うことなくスポンジだけの仕上げで充分ですよ。
   P8コートを塗りながら色合わせをするだけですから簡単な仕上げになります。
   
     
  ■ コンソールボックス

   レザーであっても別の素材であっても黒色素材ならP8コートで仕上げて下さい。

   スイッチ類も同時にP8コートで仕上げて下さい。
   スイッチの周りが段差になっている場合や円形になっている形状には歯ブラシを
   使うと淵の入り込んだ部分までキレイに仕上がります。
   レザーと共に同時仕上げを行って下さい。
   
     
 

■ アンダーグリル

   ホコリ、汚れが積もっていても直にP8コートで仕上げる事ができます。
   汚れが混ざった表面膜をタオルで空拭きの際に拭き取ればいいですからね。

   ご覧の形状の場合は、つなぎ目が直角になっています。
   スポンジが密着しない隅は歯ブラシで仕上げましょう
   キレイに色を塗り込むことができますよ。

     
 

■ ドア内張り

   年式が経っていますから、かなりレザーが乾燥して白くなっています。
   この状態を回復させるにはP8コートをたっぷり吸わせて潤いを与えます。

   P8コートを塗っても、かなり吸い込みますから多めにP8コートを塗って下さいね。
   P8コートを塗れば一時的にはキレイになりますが、潤い不足の箇所は後でムラに
   なって現れますよ。
   何度か仕上げを繰り返すことで吸い込みが収まり色が整ってきますよ。
   少し日を置いて仕上げると潤い不足箇所をチェックできる仕上げができます。

     
 

■ 室内仕上げ

   写真で見えるすべての黒色素材はP8コートで仕上げることができます。
   ただしステアリングの手で持つ範囲はP8コートではなくP113で仕上げます。
   P8コートで仕上げると滑りますから注意下さいね。

   黄色いレザーの艶出しがしたい場合は、タオルにP8コートを霧状に
   吹き付けてからタオル拭きを軽く行って下さい。

     
 

■ フレーム

   この部分もP8コートの仕上げ範囲です。
   洗剤洗いで劣化している場合は中々色合わせが大変ですよ。
   そんな場合はP8コートで何回か仕上げて見て、キレイに色が整わない時は
   プレミアコートを上塗りしますが、プレミアコートをお持ちで無い場合は
   ピッチレスコートで仕上げます。
   使い込んだスポンジにピッチレスコートが染み込んでいますから、新たにボトルの
   ピッチレスコートを使わずにスポンジだけで撫ぜて仕上げるのがコツです。
   中々上手く仕上がらない場合はアドバイスしますからお問い合わせ下さいね。

     
 

■ レザーシート

   P8コートがおもしろいのはキレイなシートを仕上げて満足することではありませんよ。
   諦めていたシートが復活するところにおもしろさがあります。
   勿論キレイなシートはキレイなままで保持できますよ。
   でも、これが⇒こんなになるなんて! とビックリして頂くことに醍醐味が存在します。

   このポルシェのレザーもカビで白くなった状態のシートですが、P8コートで一発除去と
   共に復活ですよ。
   市販のケア用品で満足できなかった人は一度P8コートをお試し遊ばせ。

     
 

■ ワイパーフレーム

   ワイパーフレームもP8コートで仕上げると劣化せずにキレイな状態で保てますよ。
   状態に選りけりですが色合わせがし難いのもあれば簡単に仕上がる物もあります。
   色合わせの練習には持って来いの素材ですからお試し下さい。
   アフターケアはP8コートが染み込んだスポンジで軽く撫ぜて下さいね。

   ワイパーゴムはダメですからP8コートは塗らないで下さいね。
   

     
 

■ 色あせ復元

   かなり年式が経った車です。
   ここまで素材が劣化していると100%の完全復元は無理なのが多いですよ。


   P8コートの塗り立て時は、あたかも原色復元したかのように見えますが
   乾けば元通りの色あせた色になる場合も多々あります。
   でも大事な事はチャレンジして見ることですね!
   復元できれば申し分なし! ・・ ダメ元でトライしましょう!

     
 


P8コートで仕上げる参考例 ・・ 如何でしたか?

おぉ~ ここに使って見よう ・・ いゃいゃ あそこに使ってみよう ・・ と思うような発見がありましたか

あれば 是非P8コートで遊んで下さいね



仕上げの履歴 / 参考例

参考仕上げに役立つ資料を掲載しております ・・ 愛車仕上げにお役立て下さい




 
トップページに戻る   /   P8コート  TOPに戻る   /   参考仕上げ  TOPに戻る
 
 
P8コート  参考仕上げ

黒色素材なら何にでも使える万能ケアコート
原色復元が楽しい使っておもしろいボディ・メンテナンス

細野/美装
岐阜の出張洗車&黒色素材ケア

 


P8コート ・・ 色々な黒色素材に使えますよ。


先ず初めて使った時に黒色が鮮やかな原色以上の艶光りになるのを体感して頂けます ・・ 少し塗っただけで色が変わりますよ。
おぉ~濃い黒になる~ってなもんです。


この復元がおもしろいと言う人も居れば、何を使ってもここまでキレイにならなかったと興奮する人も居られます。
人それぞれ楽しむケアをして頂ければP8コート冥利に尽きます。


市販品で満足している人も一度はP8コートをお使い下さい ・・ 更に満足する結果になる事請け負います。
黒光り ・・ スンバらしいですよ。 愛車にメリハリ ・・ そして引き締まったボディを鮮やかに演出するのがP8コートです。
是非、黒の世界を極める遊びに参加下さい。



copyright (C) 2014. 細野/美装 All rights reserved.


 
P8コート / 参考仕上げ

色々な部分の手入れ



スポンジ、拭き取りタオル、竹串、ブラシ
これだけあれば外装・内装を含めて車の全ての黒色素材をお手入れできます