P113 / 参考仕上げ

ブラシ ・ タオル2枚 ・ バケツ1杯の水


レザートップをバリピカに蘇えらせる
汚れ除去と同時に色艶まで復活させるP113が得意とするお家芸 
 

最近レザートップの車を見かけることが無くなりましたね。
流行った時代はお洒落なラグジュアリーカーとして人気がありましたが、
最近はトンとご無沙汰です。

一時期、コスモやクラウンの2ドアクーペにレザートップがありましたね。
是非、復活して頂きたいものです。



■ レザートップの汚れ除去

   仕上げは至って簡単ですよ。
   レザーにP113を吹き付けて普通の束子で磨けば一発でキレイになります。
   ブラシでも仕上げる事はできますが仕上げには束子のサイズが適して
   いますから、この場合は亀の子束子をお勧めします。
   浴槽磨きの束子もまったく問題なく使えますよ。

 
 
 

■ 汚れはP113で分解

   汚れが垂れている上の部分が薄く黒ずんでいますね (真ん中部分)
   この部分はP113を吹き付けただけで汚れが分解して流れている状態
   の部分です。
   垂れが線状になって黒ずんでいる下の部分が仕上げ前の汚れです。

   P113を吹き付けただけでこれだけ汚れが分解しますから束子で磨けば
   簡単に汚れを分解して浮かせることができますよ。
   束子で磨いて浮いた汚れをタオルで拭き取るだけの簡単な仕上げです。

 



    ■ 30cmの正方形を仕上げる


        先ずは見本になる小面積を完璧に仕上げましょう。
        仕上がった部分を見本に新たな部分を仕上げながら色合わせをしましょう。
        ムラにならないキレイな仕上げのコツです。


        写真で確認できるように、くすみ、汚れが落ちて真っ白な仕上がりになっています ・・ 仕上げ前の部分と比べて下さいね。
        レザーは表面が凹凸になっていますから硬めのブラシ、束子でブラッシングします。
        凹の中に埋まった汚れが浮きますからタオルで吸い取ればキレイな仕上がりになります。


        写真のレザーはホワイトですが全てのレザー色の仕上げにP113で仕上げることができます。
        主にワインレッド、ネービー、ベージュ等の色合いのレザーが多いですが、それ以外のレザー色にも問題なく使えますよ。
        レザーの原色が甦り、素材の質感も損なう事がありませんから誰にでも簡単に仕上げができます。



 
 

■ 室内インテリア

   レザーシート、テレビ、インテリア類もP113で仕上げます ・・ お試し下さい。

 




■ レザーシート


   黒色系レザーシートの仕上げはP113を吹き付けてタオルで拭くだけの仕上げです。

   ホワイト系、レッド系、グレー系のシートもキレイな状態ならタオル拭きの仕上げで充分ですよ。
   ただし、汚れが酷い場合は角スポンジを使っての仕上げになります。



 


便利に使えるP113


いろいろな分野の汚れ除去にP113が活躍します



車、インテリア、家電製品、建築素材などを含め、多種多用途に活用して下さい

使って楽しむ汚れ除去の万能クリーティングコートです



仕上げの履歴 / 参考例

P113を使った色々な参考資料を掲示しています



 
 
トップページに戻る   /   P113  TOPに戻る   /   参考仕上げ  TOPに戻る
 
 
P113  参考仕上げ

細かい部分、複雑な形状箇所の汚れ除去に便利
フロントについた虫除去にも効果バツグンです

細野/美装
神奈川の出張洗車&カーボディケア

 


最近はレザートップと言うおしゃれな車が無くなりましたね。

国産の最終車は、かなり前のコスモのクーペでボディが赤でトップが白というレザートップが流行りました。
それにクラウンの2ドアでホワイトボディに白のレザートップ、又はダークブルーメタリックのボディに白のレザートップが
おしゃれだったのを記憶しています。


往年の国産、アメ車問わずレザートップをお乗りでしたらP113で手入れして下さい。
甦りますよ ・・ バリピカに!

塗装が剥げてなければ、勿論ボディはピッチレスコートでケアして下さい。
ボディ、レザートップ共に最高の状態と質感に甦りますからね。
試す価値有りですよ。


それに一つ付け加えて起きます。
ホワイトレター、ホワイトリボンのタイヤはP113、又はピッチレスコートを使えばキレイになり維持できます。



copyright (C) 2014. 細野/美装 All rights reserved.