Ferrari  MONDEAL t
 

これが ・・ こうなるから面白い!


/拡大写真で見る

仕上げ前後の状態で見る結果確認





フェラーリ・モンデアルのソフトトップを蘇えらせる方法

    黒色素材のソフトトップを黒々とした元色に蘇えらせるのに効果を発揮するのがP8コートです。

    仕上げ方は驚くほど簡単です!
    霧状に吹き付けてブラッシングするだけで色あせた黒色が濃い黒色に復元できます。

    更にを付け足しておきますね。
    布地の繋ぎ目になる 「ミシン目」 の糸がP8コートを吸い込む事で丈夫になるからダブル効果の
    仕上がりになります。

    仕上げ前の状態と下の写真で見る状態とを比べると、そんなに変わり映えしたようには見えませんが
    どちらもフラッシュ撮影をしていますから濃さが薄れています。

    実際に目の前で見ると全く色合いが変わったきれいな状態で仕上がっていますよ。
    動画で仕上がり状態を確認してみて下さい。

    上品な黒色に仕上がっていますから。



では仕上げ方を申し上げましょう

    仕上げ前に養生をします。

    新聞などでフロントガラス、リヤガラスを含めすべてのガラスにP8コートが付着しないようにします。
    できればボディの一部分にも新聞カバーをしておきましょう。


    次はホコリ払いです。
    ホコリ払いと言っても難しい事はありませんよ。

フェラーリ・モンデアルのソフトトップお手入れ方法 写真で見るようなブラシを使います。

どのブラシを使っても構いませんが、お勧めは
真ん中、又は右に見える持ち手が長いブラシです。

このブラシの端を使って軽く布地を叩きます。
叩くと目地の中に埋まっていた汚れ、ホコリが
押し出されます。

そのホコリなどを今度は毛並を使って軽く
ブラッシングするのがP8コートを使う前準備です。

ブラシはホームセンターなどで購入して下さい。

    ブラッシングできれいになるまで汚れやホコリを取る必要はありません。
    大まかな仕上げで充分です。

    これでP8コートを吹き付ける前準備が出来ました。
    以外と簡単でしょ (笑)



    では次にP8コートを軽く上下に回振ります。
    ボトルの中に気泡が経つようにする事で霧状に吹付けやすくなります。

    新聞カバーも終わっていますから大胆にP8コートを吹き付けます。
    少ない量だと色が整わない仕上げになりますから大目の量を吹き付けます。

    必ずP8コートが溜まって池のように浮く箇所が出来ますが気にする事はまったくありません。
    P8コートの吹き付けが終ればそのままの状態で放置します。

    1時間もあれば白く浮いた溜まりも無くなります。
    それまでは他の部分の仕上げを行うと時間が経ちますよ。

    最後に軽くブラッシングを行えば終了です。
    簡単でしょ!

    仕上げが不安だったり、コツが解らない時はP8コートを手にしてお問い合わせ下さい。
    仕上げを実践しながらアドバイスいたします。

    実践アドバイスと言ってもほんの分の事でソフトトップの仕上げができますよ!

        


フェラーリ・モンデアル黒色ソフトトップのお手入れ

    こちらが仕上がった状態です。

    P8コートが乾くと自然色になりますから上品な色合いになると申しておきます。
    P8コート、ブラシ、これだけで仕上げるのがソフトトップのクリーティング ・ ケアです。

    この仕上げも誰にでもできますからソフトトップをきれいにお手入れしたい方は
    P8コートでお試し下さい。

    この仕上げには1本 3,780円のP8コートがお勧めです。
    霧状に吹付けるのに役立つトリガー付きだからです。

    最後に汚れが付き難い保護膜ができる事を付け加えておきます。



ソフトトップの美観維持とお手入れが簡単にできるP8コート ・ クリーティング


元のページに戻る



copyright (C) 1989. AKI/車磨きの参考書 All rights reserved.